こんばんは。本日は内外装の保護をメインにお話させて頂きます。

猛暑に受けた車両に対するダメージの確認はお済でしょうか。

クラシックのみならず、内貼りやダッシュ周り等。冬季だからといってタイヤばかりに気合を入れてはいませんか?

最近では色々な液剤が販売されておりますが、成分の確認は必ずしてくださいね。

例えば『汚れが取れます』なんてうたい文句のある商品は選び抜くことができるでしょうか?

成分で絞り込むことで自分の使いやすい商品やメンテナンスキットを作ることも可能です。

ワックスならシュアラスター!それも良いと思います。

しかし、意外とMINI乗りの方に限らず車好きに多いのは、知られていないメンテ剤を先取りで使っていたいという方も少なくありません。

ノンシリコンを選ぶのか、アルコール成分は入っているのか。

揮発性の高いものを選ぶとテカりこそ抑えられるものの、当然水分は飛んでしまいますので、カサカサでひび割れなんてこともあります。香りが強いものは揮発性である可能性が高いと言われています。

何事にも下調べ、時には代わりの物で試してみるなんてのも愛車を守るための一歩かもしれませんね。

 

磨き岩月

Filed under: スタッフブログ
Trackback: Uri

コメントは受け付けていません。