96年式のミニ。

エアコンをつけるとコンプレッサーのフリクションでベルトがスリップしてしまいます。

コンプレッサーのクラッチが悪いのかと思いましたが、そうではなさそうです。

よく見るとクランクプーリーが振っていました。

DSC_0057

右が外したプーリーです。左は正常なプーリーです。

ダンパーがほとんどなくなり、空転してしまうほどです。

これが原因でベルトがスリップしていたんですね。

エンジンを傾けて交換作業です。

 

MINI専門店 メカニック井上でした。

Filed under: スタッフブログ
Trackback: Uri

コメントは停止中です。