こんばんは。

先日NEW  MINI のクラブマン内装を解体する機会があり、今日はその内容を紹介します。

作業していくと意外にも内張りが一枚になっていたり、従来の型とはいろいろ違うみたいです。

 

!cid_16cb4063a66d527fa581

 

古い型のクラブマンになると内装に重ねて装飾パーツがつけられているので、

多少順番が決まっていたりと不便な部分がありました。

固定もビス数本とクリップがいくつかある程度で、品質の強さもあるのかクリップの取り外しにかなりの力が必要です;

クラシックになると内貼りが折れたり、湿気を帯びてカビが生えたりということもあります。

管理や環境維持、メンテナンスが必要な車両ではありますがやっぱりクラシックはその手間が楽しいですよね。

クラシックミニからのNEWMINI。技術の進歩を感じた貴重な経験でした(^^)!

 

岩月

Filed under: スタッフブログ
Trackback: Uri

コメントは停止中です。