エンジン始動時の揺れが大きいので、点検をしてみました。

予想通りステディロッドのブッシュが傷んでいました。

DSC_4101

ブッシュが痩せてガタが出るのは多いんですが、ヒビが入っているのは珍しいです。

交換でエンジンの揺れが治まりました。

エンジンが揺れたまま乗り続けると、

配線類を引っ張り痛めてしまうことがあるので、早めの修理がお勧めです。

 

MINI専門店 工場長布施でした。

Filed under: スタッフブログ
Trackback: Uri

コメントは停止中です。