点検で入庫のミニ。

エンジンをかけるときにエンジンの揺れが大きいです。

ステディロッドのブッシュが劣化しているかと思いきや、ボルトが折れていました。

DSC_0375

何とか取り外すことができました。

勿論ブッシュも交換してあります。

始動時のエンジンの揺れもばっちりなおりました。

 

エンジンの揺れが大きくなると配線などを痛めてしまい、

大変なことになりかねないので、細目にチェックが必要ですね!

 

MINI専門店 メカニックのブログ。

Filed under: スタッフブログ
Trackback: Uri

コメントは受け付けていません。