今回はクラッチの修理です。

クラッチペダルから足を少し離しただけで、クラッチがつながってしまいます。

踏み込む感じも違和感が。

クラッチマスターとレリーズは以前オーバーホールしてありますので、油圧は十分です。

ハウジングからばらしてみると、

DSC_4651 

クラッチフォークがこんなにも摩耗していました。

こちらがこんなに摩耗しているということは、相方も摩耗しています。 

折角なのでクラッチディスクも点検。摩耗が多かったので、

ディスクとこちらを交換して作業終了です。

 

長いこと乗っていただくと色んなことが起きますね。

 

MINI専門店 工場長布施でした。

Filed under: J&Bニュース
Trackback: Uri

コメントは停止中です。